2021-03-01

私が大切にしたいこと

step by step

Boeing787という飛行機との出逢いが
私の写真Lifeの始まりでした。

数年して
ライブ撮影やプロフィール写真のご依頼をいただくようになり
2019年1月よりお仕事としてやっていこうと決意。

Facebookのごく一部の友達に
プロフィール写真撮影の告知をしたところ
思いのほか多くの方にご依頼をいただいて
驚きと感謝で身が引き締まる思いでした。

でも、
その春母親が余命半年だと宣告され
お仕事をセーブすることに。
そして翌年秋には父親も後を追うように…。


新型コロナウイルスの感染拡大もあり
ご紹介のお仕事のみで撮影をさせていただいてました。

その間はお勉強の時間。そして自分自身への質問の時間。

 

自問自答

私は

何をしているときが幸せ?
どんな写真が好き?
どんな写真を撮りたい?
どんな写真が得意?
なぜ写真をやりたいの?
なんのためにやってるの?
なぜそう思ったの?
私が撮影するとお客様はどう変わる?
お客様に喜んでいただけるために何ができる?

etc


たくさんたくさん質問を繰り返し
好きだから…
お客様の笑顔がみたいから…
という漠然とした状態から
クリアにする作業を続けました。


撮影を始めた頃は
光の角度はこれでいいか
カメラの設定は大丈夫か
ピントはあっているか
構図はこれでいいか

そんなことを気にしていると
お客様の髪や洋服のみだれや
アクセサリーの位置など確認する余裕もなく

どうやったら自然な笑顔を引き出すことができるのか
ポーズはどんな風にとってもらったらいいか
とにかく必死!!!

カウンセリングもざっくりしたもので
気持ちに寄り添った撮影ができていたとは言えません。


どんなフォトグラファーに撮ってもらいたい?

そんなとき
私ならどんなフォトグラファーに撮ってもらいたい?
という質問を自分にしてみました。

うわぁ~出るわ出るわ
理想の条件!

写真を確認しながら納得するまで何度も撮ってくれる
ポージングのアドバイスをくれたり私にとって最適なアイデアをくれる。
一緒に考えてくれる、楽しんでくれる。
作品作りのように一生懸命、大切に撮影してくれる。
リラックスしていつもの自分でいられる雰囲気を作ってくれる。
新しい自分を引き出してくれる。
自分ではわからない魅力を発見してくれる。
私らしいけど整っている感じで絶妙な撮影をしてくれる。
気軽にいろんなポーズをとれる、恥ずかしさを感じない


こんなに頼ってて

どうにかしてもらおうと思ってる私(笑)
ただカメラの前に立てば魔法をかけてくる
どうにかしてくれる人が良いフォトグラファーだと思っている。

なるほど!じゃぁこれらすべてにお応えできるようにならねば!
と思ったのですが

その前に(撮影される側の)自分ができることがある。
それがとても『大切なこと。』

私が大切にしたいこと

撮影が決まった時点で

どうなりたい?どう魅せたい?どんな自分が好き?
思いを巡らせ

どんな洋服を着ようかな、メイクは?ヘアースタイルは?
ワクワクして

私の「好き」を、私の「世界」を、表現する。
撮影前の準備を丁寧にする。

お客様にこの『モード』になっていただくこと

それが私が撮影させていただくことの中で
とても大切にしたいことなんだとわかりました。


なので
撮影前にたくさんお話をさせてください。
普段何をしてるとか、他愛のないことから
何が好きで、何が大切でとか。
私と会う前に巡らせていた想いを聴かせてくださいね。

一緒にストーリーを作り上げていけたら最高だなぁと思っています。

不器用な私は
まだまだ必死な状態ですが

あなたの想いが叶うように
笑顔の種となるように
このお仕事ができる幸せをかみしめがら

一歩一歩・・・歩んでいきます。

どうぞよろしくお願い致します ^ ^

関連記事